Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用

既定では、ダウンロードされたあらゆるアップデートとパッチが、次のアプリケーションコンポーネント(バージョン 10 Service Pack 2 以降)に自動インストールされます:

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用は Windows を実行しているデバイスでのみ使用できます。これらのコンポーネントの自動アップデートとパッチを無効にできます。この場合、ダウンロードされたあらゆるアップデートとパッチは、アップデートとパッチのステータスを[承認]へ変更した後にインストールされます。[未定義]ステータスのアップデートとパッチはインストールされません。

関連項目:

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用の有効化と無効化

ページのトップに戻る