Kaspersky Security Center を導入するにあたって

組織のネットワークに Kaspersky Security Center コンポーネントを導入する計画がある場合は、プロジェクトのサイズと範囲を考慮する必要があります。特に、次の要素を重視してください:

1 台の管理サーバーで最大 100,000 台のデバイスをサポートできます。組織ネットワーク内に合計で 100,000 台以上のデバイスが存在する場合、サービスプロバイダー側で複数の管理サーバーを導入し、階層化して一元的に管理する必要があります

1 台の管理サーバーで最大 500 の仮想サーバーを作成できます。このため、MSP クライアント 500 ごとに管理サーバー 1 台が必要です。

導入計画段階では、管理サーバーに対して特別な X.509 証明書を割り当てることを検討する必要があります。管理サーバーに対する X.509 証明書の割り当てが有効になるのは、次の場合です(部分的なリスト):

このセクションの内容

管理サーバーへのインターネットアクセス

Kaspersky Security Center 標準設定

ディストリビューションポイントの概要

管理サーバーの階層

仮想管理サーバー

Kaspersky Endpoint Security for Android によるモバイルデバイスの管理

ページのトップに戻る