仮想管理サーバー

物理管理サーバーに基づいて、複数台の仮想管理サーバーを作成できます。これは、スレーブ管理サーバーと類似したものです。仮想管理サーバーモデルは、アクセス制御リスト(ACL)に基づいた任意のアクセスモデルと比較した場合、機能性が高く、高度の分離性を実現しています。各仮想管理サーバーは、ポリシーとタスクを備えた割り当てデバイスの管理グループの専用構造に加えて、割り当てられていないデバイスの独自グループ、独自のレポートセット、選択されたデバイスとイベント、インストールパッケージ、移動ルールなどの機能があります。各 MSP クライアントを最大限に分離するため、使用する機能に仮想管理サーバーを選択することをお勧めします。さらに、各 MSP クライアントに仮想管理サーバーを作成すると、Kaspersky Security Center 11 Web コンソールを介して、クライアントにネットワーク管理の基本オプションを提供することができます。

仮想管理サーバーはスレーブ管理サーバーと非常に類似していますが、次の相違点があります:

ページのトップに戻る