Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用の有効化と無効化

管理サーバーのアップデートとパッチは、管理者が明示的に承認した後、手動でのみインストールできます。

Kaspersky Security Center コンポーネントのアップデートとパッチの自動インストールは、デバイスにネットワークエージェントをインストールする際に既定値で有効化されます。ネットワークエージェントのインストール中、あるいはインストール後にポリシーを使用して無効化することができます。

ネットワークエージェントをデバイスのローカルにインストール中、Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートとパッチを無効にするには:

  1. デバイスへのネットワークエージェントのローカルインストールを開始します。
  2. 詳細設定ステップで、[コンポーネントに適用可能でステータスが「未定義」であるアップデートとパッチを自動的にインストールする]をオフにします。
  3. ウィザードの指示に従ってください。

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートとパッチが無効にされたネットワークエージェントが、デバイスにインストールされます。ポリシーを使用して、自動アップデートとパッチを有効にできます。

インストールパッケージを介してネットワークエージェントをデバイスにインストール中に、Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートとパッチを無効にするには:

  1.  [操作] → [リポジトリ] → [インストールパッケージ]の順に選択します。
  2. Kaspersky Security Center ネットワークエージェント <バージョン番号> パッケージをクリックします。
  3. プロパティウィンドウで[設定]タブを開きます。
  4. コンポーネントに適用可能でステータスが「未定義」のアップデートとパッチを自動的にインストールする(Kaspersky Security Center 10 Service Pack 2 以降でのみ利用可能)]をオフにします。

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートとパッチが無効にされたネットワークエージェントが、このパッケージからインストールされます。ポリシーを使用して、自動アップデートとパッチを有効にできます。

デバイスにネットワークエージェントをインストール中に、このチェックボックスをオンにすると(またはオフにすると)、その後ネットワークエージェントポリシーを使用して自動アップデートを有効(または無効)にできます。

ネットワークエージェントポリシーを使用して、Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートとパッチを有効または無効にするには:

  1. [デバイス] → [ポリシーとプロファイル]の順に選択します。
  2. ネットワークエージェントのポリシーをクリックします。
  3. ポリシーのプロパティウィンドウで[アプリケーション設定]タブを開きます。
  4. パッチとアップデートの管理]セクションで、[コンポーネントに適用可能でステータスが「未定義」のアップデートとパッチを自動的にインストールする(Kaspersky Security Center 10 Service Pack 2 以降でのみ利用可能)]をオンまたはオフにして、自動アップデートとパッチを有効または無効にします。
  5. このスイッチの設定に「ロック()」を設定します。

選択したデバイスにポリシーが適用され、Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートとパッチがデバイス上で有効(または無効)になります。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用

ページのトップに戻る