オフライン方式のアップデートのダウンロードの有効化と無効化

オフライン方式でのアプリケーションのダウンロードを無効にすることは推奨されません。無効にすると、デバイスにアップデートが提供されません。場合によっては、Kaspersky Lab のテクニカルサポート担当者が、[アップデートと定義データベースをあらかじめ管理サーバーからダウンロードする]をオフにすることを推奨する場合もあります。次に、Kaspersky Lab のアプリケーションのアップデートを受信するためのタスクが設定されていることを確認する必要があります。

管理グループでオフライン方式のアップデートのダウンロードを有効または無効にするには:

  1. [デバイス] → [ポリシーとプロファイル]の順に選択します。
  2. グループ]をクリックします。
  3. 管理グループのリストで、オフライン方式のアップデートのダウンロードを有効化する必要がある管理グループを選択します。
  4. ネットワークエージェントのポリシーをクリックします。

    ネットワークエージェントポリシーのプロパティウィンドウが表示されます。

    既定では、子ポリシーの設定は親ポリシーから継承され、変更することもできません。変更したいポリシーが継承されたものである場合、このポリシーを変更するのではなく、最初に目的の管理グループでネットワークエージェントの新規ポリシーを作成する必要があります。新規作成したポリシーでは、親ポリシーで「ロック」状態になっていない設定は変更できます。

  5. アプリケーション設定]タブで[パッチとアップデートの管理]セクションを選択します。
  6. アップデートと定義データベースをあらかじめ管理サーバーからダウンロードする]を、オフライン方式のアップデートのダウンロードを有効にする場合はオン、無効にする場合はオフにします。

    既定では、オフライン方式でのアップデートのダウンロードは有効です。

オフライン方式でのアップデートのダウンロードが有効または無効になります。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

オフライン方式のアップデートのダウンロード

ページのトップに戻る