管理サーバーの階層構造

管理サーバーは、マスターまたはスレーブの階層に配置できます。各管理サーバーは、階層の同一ネスト上に複数のスレーブ管理サーバー(「スレーブサーバー」とも表記)を保持することも、複数のネストレベル上に複数のサーバーを保持することもできます。スレーブ管理サーバーのネストレベルに制限はありません。マスター管理サーバーの管理グループには、すべてのスレーブ管理サーバーのクライアントデバイスが含められます。このようにして、ネットワークの独立したセクションを、さまざまな管理サーバーを使用して管理できます。管理サーバーの管理には、マスター管理サーバーが使用されます。

仮想管理サーバーはスレーブ管理サーバーの特殊な例です。

管理サーバーの階層を使用して、次のことを実現できます:

管理グループの階層に含まれる各デバイスは、1 台の管理サーバーにしか接続できません。デバイスから管理サーバーへの接続を個別に監視する必要があります。ネットワーク属性に基づいてさまざまな管理サーバーの管理グループ内でデバイスを検索する機能を使用してください。

関連項目:

管理サーバーの階層構造:マスター管理サーバーとスレーブ管理サーバー

ページのトップに戻る