ポリシーの管理

クライアントデバイスにインストールされたアプリケーションは、ポリシーの定義を使用して一元的に設定されます。

管理グループのアプリケーションに対して作成されたポリシーは、作業領域の[ポリシー]タブに表示されます。それぞれのポリシー名の前に、ポリシーのステータスを表すアイコンがあります。

ポリシーが削除または無効化された後も、ポリシーで指定された設定が引き続き使用されます。これらの設定は後から手動で変更できます。

ポリシーは次のように適用されます:デバイスで常駐タスク(リアルタイム保護タスク)が実行されている場合、新しい設定の値で実行を続けます。開始された定期的なタスク(オンデマンドスキャン、定義データベースのアップデート)は、変更前の値で実行され続けます。次回は、新しい設定値で実行されます。

マルチテナントサポートのアプリケーションのポリシーは、下位の管理グループだけでなく上位の管理グループにも継承され、アプリケーションがインストールされているすべてのクライアントデバイスに反映されます。

管理サーバーが階層構造になっている場合、スレーブ管理サーバーがマスター管理サーバーからポリシーを受け取ってクライアントデバイスに配信します。継承が有効な場合は、マスター管理サーバーでポリシー設定を変更できます。その後、ポリシー設定の変更がスレーブ管理サーバーで継承されたポリシーに反映されます。

マスター管理サーバーとスレーブ管理サーバー間の接続が切断された場合、スレーブ管理サーバーのポリシーは適用された設定を引き続き使用します。マスター管理サーバー上で変更されたポリシー設定は、接続の再確立後にスレーブ管理サーバーに配信されます。

継承が無効な場合は、マスター管理サーバーとは無関係に、スレーブ管理サーバー上でポリシー設定を変更できます。

管理サーバーとクライアントデバイスとの間の接続が切断されている場合、クライアントデバイスはモバイルユーザーポリシー(定義されている場合)の使用を開始するか、接続が再確立されるまで、適用されたポリシー設定を引き続き使用します。

スレーブ管理サーバーへのポリシー配信の結果は、マスター管理サーバーのコンソールのポリシープロパティウィンドウに表示されます。

クライアントデバイスへのポリシー配信の結果は、接続している管理サーバーのポリシープロパティウィンドウに表示されます。

ポリシーの設定には個人情報を使用しないでください。たとえば、ドメイン管理者パスワードを指定することは避けてください。

このセクションの内容

ポリシーの作成

下位グループに継承されたポリシーの表示

ポリシーのアクティベーション

[ウイルスアウトブレイク]イベント発生時におけるポリシーの自動アクティベーション

モバイルユーザーポリシーの適用

ポリシーの変更:変更のロールバック

ポリシーの比較

ポリシーの削除

ポリシーのコピー

ポリシーのエクスポート

ポリシーのインポート

ポリシーの変換

ポリシーのプロファイルの管理

関連項目:

マルチテナントアプリケーションの概要

ページのトップに戻る