タスクの管理

Kaspersky Security Center は、さまざまなタスクを作成して実行することにより、デバイス上にインストールされたアプリケーションを管理します。アプリケーションのインストール、起動、停止、ファイルのスキャン、定義データベースやソフトウェアモジュールのアップデート、アプリケーションでのその他のタスクを実行するには、タスクが必要です。

タスクは、次の種別に分類されます:

アプリケーションのタスクを作成できるのは、そのアプリケーション用の管理プラグインが管理コンピューターにインストールされている場合に限られます。

タスクを作成する対象となるデバイスのリストを作成するには、次のいずれかの方法を使用します:

アプリケーションごとに、任意の数のグループタスク、特定のデバイスに対するタスク、ローカルタスクを作成できます。

ネットワークエージェントが管理サーバーに接続したときに、デバイスにインストールされているアプリケーションと Kaspersky Security Center のデータベースの間で、タスクに関する情報が交換されます。

タスクの設定に変更を加え、タスクの進行状況を表示し、タスクをコピー、エクスポート、インポート、および削除できます。

タスクは、そのタスクを作成した対象のアプリケーションが実行中である場合のみ、デバイス上で開始されます。アプリケーションが実行されていない場合は、実行中のすべてのタスクが取り消されます。

タスクの実行結果は、管理サーバー上の Microsoft Windows と Kaspersky Security Center のイベントログに一元的に保存されます。また、各デバイスのローカルにも保存されます。

タスクの設定には個人情報を使用しないでください。たとえば、ドメイン管理者パスワードを指定することは避けてください。

マルチテナントをサポートするアプリケーションのタスク管理の詳細

マルチテナントをサポートするアプリケーションのグループタスクは、管理サーバーとクライアントデバイスの階層構造に応じてアプリケーションに適用されます。タスクの作成元となる仮想管理サーバーは、アプリケーションがインストールされているクライアントデバイスと同じ管理グループまたは下位の管理グループに存在する必要があります。

タスクの実行結果に相当するイベントで、サービスプロバイダーの管理者は、タスクが実行されたデバイスの情報を確認できます。これに対して、テナント管理者には、[マルチテナントノード]が表示されます。

このセクションの内容

タスクの作成

管理サーバーのタスクの作成

特定のデバイスに対するタスクの作成

ローカルタスクの作成

ネストされたグループの作業領域での継承したグループタスクの表示

タスク開始前のデバイスの自動起動

タスク完了後のデバイスの自動停止

タスク実行時間の制限

タスクのエクスポート

タスクのインポート

タスクの変換

タスクの手動での開始と終了

タスクの手動での一時停止と再開

タスク実行の監視

管理サーバーに保存されているタスク実行結果の確認

タスク実行結果に関する情報フィルタリングの設定

タスクの変更:変更のロールバック

タスクの比較

タスクを開始するアカウント

関連項目:

マルチテナントアプリケーションの概要

シナリオ:ネットワーク保護の設定

ページのトップに戻る