ディストリビューションポイントとして選択されたデバイスへのネットワークエージェントのローカルインストール

接続ゲートウェイとして動作するため、ディストリビューションポイントによって選択されたデバイスが仮想管理サーバーと直接通信できるようにするには、このデバイスにネットワークエージェントをローカルインストールする必要があります。

ディストリビューションポイントに割り当てたデバイスにネットワークエージェントをローカルインストールする手順は、その他のネットワークデバイスへのネットワークエージェントのローカルインストール手順と同じです。

ディストリビューションポイントとして選択されるデバイスは、次の条件を満たしている必要があります:

指定した設定に従いネットワークエージェントをデバイスにインストールすると、Kaspersky Security Center は自動的に次のアクションを実行します:

ネットワークエージェントは、組織のネットワーク上にある管理対象デバイスグループのディストリビューションポイントに割り当てたデバイスにローカルインストールする必要があります。ネットワークエージェントは、ネストされた管理グループでディストリビューションポイントとして動作するデバイスにリモートでインストールすることができます。これを実行するには、管理対象デバイスのディストリビューションポイントを接続ゲートウェイとして使用します。

関連項目:

ネットワークエージェントのローカルインストール

カスペルスキー製品:一元管理による導入

ページのトップに戻る