ディストリビューションポイントを接続ゲートウェイとして使用する

管理サーバーが DMZ(非武装地帯)の外にある場合、ネットワークエージェントが DMZ から管理サーバーに接続することはできません。

ネットワークエージェントを使用して管理サーバーに接続する場合、ディストリビューションポイントを接続ゲートウェイとして使用できます。ディストリビューションポイントは、接続を確立するために管理サーバーへのポートを開きます。管理サーバーが開始されると、管理サーバーはディストリビューションポイントに接続し、セッション中、この接続を維持します。

管理サーバーからの信号を受信すると、ディストリビューションポイントは管理サーバーへの接続を許可するために UDP 信号をネットワークエージェントに送信します。ネットワークエージェントはこの信号を受信すると、ディストリビューションポイントに接続し、ディストリビューションポイントはネットワークエージェントと管理サーバーとの間で情報を交換します。

接続ゲートウェイには特定のデバイスを使用してください。また、その接続ゲートウェイに配置するクライアントデバイス(モバイルデバイスを含む)は 10,000 台以下としてください。

関連項目:

ディストリビューションポイントとして動作する管理対象デバイスの割り当て

ネットワークエージェントのローカルインストール

ページのトップに戻る