サードパーティ製ソフトウェアのアップデートのインストール

Kaspersky Security Center では、クライアントデバイスにインストールされたソフトウェアのアップデートを管理し、Microsoft 製アプリケーションや他のソフトウェア会社の製品に含まれる脆弱性を、必要なアップデートをインストールすることで修正できます。

Kaspersky Security Center は、アップデート検索タスクでアップデートを検索し、アップデートリポジトリにダウンロードします。アップデートの検索の完了後、適用可能なアップデートとそのアップデートによって修正できるアプリケーションの脆弱性に関する情報が管理者に提供されます。

Microsoft Windows の使用可能な更新プログラムの情報は、Windows Update サービスによって提供されます。管理サーバーは Windows Server Update Service(WSUS)サーバーとして使用できます。管理サーバーを WSUS サーバーとして使用するには、更新プログラムと Windows Update との同期を設定する必要があります。Windows Update とのデータの同期の設定が終わると、管理サーバーは一元管理モードで、また設定された頻度で、デバイス上の Windows Update サービスにアップデートを提供します。

また、ネットワークエージェントポリシーを使用してソフトウェアのアップデートを管理することもできます。これを行うには、新規ポリシーウィザードの対応するウィンドウで、ネットワークエージェントポリシーを作成し、ソフトウェアのアップデートを設定する必要があります。

アプリケーションの管理]フォルダーの[ソフトウェアのアップデート]サブフォルダーで、適用可能なアップデートのリストを表示できます。このフォルダーには、管理サーバーが取得した、デバイスへ配信可能な Microsoft アプリケーションやその他のソフトウェア会社の製品のアップデートのリストが含まれます。適用可能なアップデートの情報を確認した後、それらをデバイスにインストールできます。

Kaspersky Security Center はいくつかのアプリケーションについて、古いバージョンを削除して新しいバージョンをインストールして更新します。

アップデートをすべてのデバイスにインストールする前に、テストインストールを実施して、インストールするアップデートによってデバイス上のアプリケーションの動作に異常が起きないかを確認できます。

Kaspersky Security Center を使用してアップデートできるサードパーティソフトウェアの詳細情報は、テクニカルサポートサイトの Kaspersky Security Center ページにある「サーバーメンテナンス」セクションで確認できます。

このセクションの内容

適用可能なアップデートに関する情報の表示

ソフトウェアアップデートの拒否と承認

Windows Update の更新プログラムと管理サーバーとの同期

Kaspersky Endpoint Security のアップデートをデバイスに自動インストール

オフライン方式のアップデートのダウンロード

オフライン方式のアップデートのダウンロードの有効化と無効化

デバイスでの手動によるアップデートのインストール

ネットワークエージェントポリシーでの Windows アップデートの設定

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用の有効化と無効化

ページのトップに戻る