Windows Update の更新プログラムと管理サーバーとの同期

クイックスタートウィザードの[アップデート管理設定]ウィンドウで[管理サーバーを WSUS サーバーとして使用する]を選択した場合、[Windows Update の同期の実行]タスクが自動的に作成されます。作成されたタスクは、[タスク]フォルダーで実行できます。Microsoft ソフトウェアのアップデート機能は、[Windows Update の同期の実行]タスクが正常に完了した後にのみ使用可能になります。

Windows Update の同期の実行]タスクは、メタデータのみを Microsoft のサーバーからダウンロードします。ネットワークで WSUS サーバーが使用されていない場合は、個々のクライアントデバイスが外部のサーバーから Microsoft のアップデートを個別にダウンロードします。

Windows Update と管理サーバーとを同期するタスクを作成するには:

  1. コンソールツリーの[詳細]フォルダーで、[アプリケーションの管理]フォルダーから[ソフトウェアのアップデート]サブフォルダーを選択します。
  2. その他の操作]をクリックして、ドロップダウンリストで[Windows Update との同期の設定]を選択します。

    このウィザードは、[タスク]フォルダーに表示される[Windows Update の同期の実行]タスクを作成します。

    Windows Update Center データ取得タスク作成ウィザードが起動します。ウィザードの指示に従ってください。

タスク]フォルダーで[タスクの作成]をクリックして、[Windows Update の同期の実行]タスクを作成することもできます。

Microsoft 社では、古くなったアップデートを定期的に自社サーバーから削除し、現行のアップデートの数が常に 200,000 から 300,000 の間で保たれるようになっています。Kaspersky Security Center 10 Service Pack 2 Maintenance Release 1 およびそれ以前のバージョンでは、すべてのアップデートが保管され続け、古くなったアップデートが削除されることはありませんでした。その結果、データベースのサイズは増加し続けていました。Kaspersky Security Center 10 Service Pack 3 では、ディスク使用領域とデータベースサイズの削減を目的として、Microsoft Update サーバー上に存在しない古くなったアップデートの削除が導入されました。

Windows Update の同期の実行]タスクの実行時に、本製品は Microsoft Update サーバーから現行のアップデート一覧を受信します。その後、本製品は古くなったアップデートの一覧を作成します。次に[脆弱性とアプリケーションのアップデートの検索]タスクを開始するときに、本製品はすべての古くなったアップデートにフラグを付け、削除までの時間を設定します。次に[Windows Update の同期の実行]タスクを開始するときに、30 日前に削除フラグがつけられたアップデートはすべて削除されます。また、フラグを付けてから 181 日以上経過しているアップデートの有無を確認し、あれば削除します。

Windows Update の同期の実行]タスクが完了し、古くなったアップデートが削除されても、削除されたアップデートのファイルに属するハッシュコードがデータベース上に残っていることがあります。同様に、%AllUsersProfile%\Application Data\KasperskyLab\adminkit\1093\.working\wusfiles にある対応するファイルもデータベース上に残っていることがあります(それ以前にダウンロードされていた場合)。データベースと対応するファイルから古くなったレコードを削除するには、[データベースのメンテナンス]タスクを実行してください。

このセクションの内容

ステップ 1:設定

ステップ 2:アプリケーション

ステップ 3:アップデートのカテゴリ

ステップ 4:アップデートの言語

ステップ 5:タスクを開始するアカウントの選択

ステップ 6:タスク開始スケジュールの設定

ステップ 7:タスク名の定義

ステップ 8:タスクの作成完了

ページのトップに戻る