ネットワークエージェントポリシーでの Windows アップデートの設定

すべて表示 | すべて非表示

ネットワークエージェントポリシーで Windows アップデートを設定するには:

  1. コンソールツリーで、[管理対象デバイス]を選択します。
  2. 作業領域で、[ポリシー]タブを選択します。
  3. ネットワークエージェントのポリシーを選択します。
  4. ポリシーのコンテキストメニューで[プロパティ]を選択します。

    ネットワークエージェントポリシーのプロパティウィンドウが表示されます。

  5. セクション]ペインで、[ソフトウェアのアップデートと脆弱性]を選択します。
  6. Windows アップデートを管理サーバーにダウンロードしてからネットワークエージェントを使用してクライアントデバイスに配信するには、[管理サーバーを WSUS サーバーとして使用する]をオンにします。

    このチェックボックスをオフにすると、Windows アップデートは管理サーバーにダウンロードされません。この場合、クライアントデバイスが Microsoft のサーバーから直接 Windows アップデートを受信します。

  7. ユーザーが Windows Update サービスを使用してデバイスに手動でインストールできるアップデートを選択します。

    Windows 10 を実行しているデバイスで、デバイスに適用可能な更新プログラムが Windows Update 内で既に検出されている場合、[Kaspersky Security Center 11 がインストールされた管理サーバーデバイスが WSUS サーバーとして使用されている場合に、バージョン 11 以降のネットワークエージェントがインストールされたデバイス上で、Windows Update 更新プログラムのインストールをユーザーが管理することを許可する]は、検出されたアップデートがインストールされた後に適用されます。

    ドロップダウンリストからオプションを選択します:

    • Windows Update のすべての適用可能な更新プログラムのインストールをユーザーに許可する
    • Windows Update の承認された更新プログラムのみのインストールをユーザーに許可する
    • Windows Update 更新プログラムのインストールをユーザーに許可しない
  8. Windows Update 検索モード:
    • アクティブ
    • パッシブ
    • 無効
  9. 実行ファイルが実行されるときに、その実行ファイルの脆弱性をスキャンする場合、[実行ファイルの開始時に脆弱性をスキャンする]をオンにします。
  10. 適用]をクリックします。
ページのトップに戻る