アプリケーションのグループ

このセクションでは、デバイスにインストールされているアプリケーショングループの管理方法について説明します。

アプリケーションカテゴリの作成

Kaspersky Security Center では、デバイスにインストールされているアプリケーションのカテゴリを作成できます。

アプリケーションのカテゴリは、以下のいずれかの方法で作成できます:

アプリケーションカテゴリが作成されると、管理者はそのアプリケーションカテゴリのルールを設定できます。ルールにより、指定したカテゴリに含まれるアプリケーションの動作を定義します。たとえば、そのカテゴリに含まれるアプリケーションの起動をブロックしたり、許可したりできます。

デバイス上のアプリケーション実行の管理

Kaspersky Security Center を使用して、ホワイトリストモードでのデバイスのアプリケーションの起動を管理することができます。詳細については、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプを参照してください。ホワイトリストモードでは、選択したデバイスで指定カテゴリに含まれるアプリケーションのみ起動できます管理者は、各ユーザーのデバイスに適用されたアプリケーション起動ルールの静的分析結果を表示できます。

デバイスにインストールされたソフトウェアのインベントリ

Kaspersky Security Center では、Windows を実行しているデバイス上のソフトウェアのインベントリを実行できます。デバイスにインストールされたすべてのアプリケーションの情報をネットワークエージェントが取得します。インベントリの実行中に収集された情報は、[アプリケーションレジストリ]フォルダーの作業領域に表示されます。管理者は、あらゆるアプリケーションの詳細情報を、そのバージョンや製造元を含めて表示できます。

1 台のデバイスから受信できる実行ファイルは、最大で 150,000 個です。この上限に達した場合、Kaspersky Security Center は新規ファイルを取得できません。

ライセンス認証済みアプリケーショングループの管理

Kaspersky Security Center では、ライセンス認証済みアプリケーショングループを作成できます。ライセンス認証済みアプリケーショングループには、管理者が設定した基準を満たすアプリケーションが含まれます。管理者は、ライセンス認証済みアプリケーショングループについて次の基準を指定できます:

1 つ以上の基準を満たすアプリケーションが、自動的にグループに含まれます。ライセンス認証済みアプリケーショングループを作成するには、グループにアプリケーションを含めるための 1 つ以上の基準を設定する必要があります。

ライセンス認証済みアプリケーションの各グループにはそれぞれのライセンスがあります。ライセンス認証されたグループのライセンスにより、そのグループに含まれるアプリケーションをインストールできる最大数が決定されます。アプリケーションのインストール数がライセンスで設定された上限を超えると、アプリケーションサーバーに情報イベントが記録されます。管理者は、ライセンスの有効期限を指定できます。有効期限になると、管理サーバーに情報イベントが記録されます。

実行ファイルに関する情報の表示

Kaspersky Security Center は、オペレーティングシステムがインストールされて以後に各デバイスで実行された実行ファイルに関する全情報を取得します。実行ファイルの情報は、メインウィンドウの[実行ファイル]フォルダーの作業領域に表示されます。

このセクションの内容

Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシー用のアプリケーションカテゴリの作成

コンテンツが手動で追加されるアプリケーションカテゴリの作成

コンテンツが自動的に追加されるアプリケーションカテゴリの作成

イベントに関連する実行ファイルのアプリケーションカテゴリへの追加

クライアントデバイスでのアプリケーション起動コントロールの設定

実行ファイルに適用された起動ルールの静的分析結果の表示

アプリケーションレジストリの表示

ソフトウェアインベントリを開始するまでの時間の変更

ライセンス認証済みアプリケーショングループの作成

ライセンス認証済みアプリケーショングループのライセンスの管理

実行ファイルのインベントリ

実行ファイルに関する情報の表示

ページのトップに戻る