機器のインベントリ

機器の記載に使用するハードウェアのリスト([リポジトリ] → [ハードウェア])には、自動または手動で記録します。各ネットワークポーリングの後、検出されたすべてのコンピューターが自動的にリストに追加されます。ただし、ネットワークをポーリングしない場合は、コンピューターを手動で追加することもできます。ルーター、プリンター、コンピューターハードウェアなど、他のデバイスを手動でリストに追加できます。

デバイスの詳細情報の確認と編集は、デバイスのプロパティで行うことができます。

ハードウェアリストには、次の種別のデバイスが含まれます:

管理者は、検出されたデバイスに「企業用」属性を割り当てることができます。この属性は、デバイスのプロパティで手動で割り当てることができます。また、この属性を自動的に割り当てる基準を管理者が指定することもできます。この場合、「企業用」属性はデバイスの種類に応じて割り当てられます。

Kaspersky Security Center では、機器を抹消することができます。デバイスを抹消するには、そのデバイスのプロパティで[抹消済みデバイス]をオンにします。抹消済みデバイスは機器リストに表示されません。

管理者は[ハードウェア]フォルダー内のプログラマブルロジックコントローラー(PLC)のリストを管理することができます。PLC リストの管理方法の詳細については、『Kaspersky Industrial CyberSecurity for Nodes User Guide』に記載されています。

このセクションの内容

新しいデバイスに関する情報の追加

企業用デバイスの定義に使用する基準の設定

カスタムフィールドの設定

ページのトップに戻る