リモートインストールウィザードを使用したアプリケーションのインストール

すべて表示 | すべて非表示

カスペルスキー製品をインストールするには、リモートインストールウィザードを使用できます。リモートインストールウィザードにより、特別に作成されたインストールパッケージまたは配布パッケージを使用してアプリケーションをリモートインストールすることができます。

ネットワークエージェントがインストールされていないクライアントデバイスでリモートインストールタスクを正しく実行するには、次のポートを開いておく必要があります:TCP 139 および 445、UDP 137 および 138。既定では、これらのポートはドメイン内のすべてのデバイスで開いています。これらは、リモート導入準備ユーティリティによって自動的に開かれます。

リモートインストールウィザードを使用して、選択したデバイスに製品をインストールするには:

  1. コンソールツリーで、[リモートインストール]フォルダー - [インストールパッケージ]サブフォルダーの順に選択します。
  2. そのフォルダーの作業領域で、インストールした製品のインストールパッケージを選択します。
  3. インストールパッケージのコンテキストメニューで、[アプリケーションのインストール]を選択します。

    リモートインストールウィザードが開始します。

  4. インストールするデバイスの選択]ウィンドウでは、製品のインストール先となるデバイスのリストを作成できます。
  5. リモートインストールタスク設定の定義]ウィンドウで、製品のリモートインストールを設定します。

    インストールパッケージの強制ダウンロード]セクションで、製品のインストールに必要なファイルをクライアントデバイスに配布する方法を指定します。

    • ネットワークエージェントを使用する
    • 管理サーバーを通じてオペレーティングシステムの共有フォルダーを使用する
    • ディストリビューションポイントを通じてオペレーティングシステムの共有フォルダーを使用する
    • インストール試行回数

    次のオプションを使用して、他の管理サーバーで管理されているクライアントデバイス上での処理を指定できます:

    • 常にインストール
    • この管理サーバーで管理されているデバイスにのみインストール

    詳細設定を行います:

  6. ライセンスの選択]ウィンドウで、ライセンスとライセンスの配信方法を選択します:

    ライセンスの選択]ウィンドウは、インストールパッケージにライセンスが含まれていない場合に表示されます。

    インストールパッケージにライセンスが含まれている場合、ライセンスの詳細が記載された[ライセンスのプロパティ]ウィンドウが表示されます。

  7. オペレーティングシステムの再起動のオプションを選択]ウィンドウで、アプリケーションのインストール中にオペレーティングシステムを再起動する場合、デバイスを再起動する必要があるか指定します:
    • デバイスを再起動しない
    • デバイスを再起動する
    • ユーザーに処理を確認する
    • セッションがブロックされたアプリケーションを強制終了する
  8. デバイスにアクセスするアカウントの選択]ウィンドウで、リモートインストールタスクの開始に使用するアカウントを追加できます:
    • アカウントが不要(ネットワークエージェントインストール済み)
    • アカウントが必要(ネットワークエージェントなしでのインストール用)
  9. インストールの開始]ウィンドウで、[次へ]をクリックし、選択したデバイスでリモートインストールタスクの作成と開始を行います。

    インストールの開始]ウィンドウ内にあるチェックボックス[リモートインストールウィザードの完了後タスクを実行しない]がオンになっている場合、リモートインストールタスクは開始されません。このタスクは後から手動で開始できます。タスク名はアプリケーションのインストールパッケージの名前に対応し、「<インストールパッケージの名前> のインストール」となります。

管理グループ内のデバイスに、リモートインストールウィザードを使用してアプリケーションをインストールするには:

  1. 関連する管理グループを管理している管理サーバーとの接続を確立します。
  2. コンソールツリーで管理グループを選択します。
  3. このグループの作業領域で、[処理を実行]をクリックし、ドロップダウンリストから[アプリケーションのインストール]を選択します。

    リモートインストールウィザードが起動します。ウィザードの指示に従ってください。

  4. ウィザードの最終ステップでは、[次へ]をクリックすると選択したデバイスに対するリモートインストールタスクが作成され、実行されます。

リモートインストールウィザードが完了すると、Kaspersky Security Center が以下を実行します:

ページのトップに戻る