データ暗号化と保護機能

データ暗号化により、ノート PC、リムーバブルドライブ、ハードディスクの盗難や紛失、不正なユーザーやアプリケーションによるアクセスなどによる思いがけない情報漏洩の危険性を低減できます。

Kaspersky Endpoint Security for Windows には、暗号化の機能があります。Kaspersky Endpoint Security for Windows は、デバイスのローカルドライブやリムーバブルドライブに保存されているファイル、さらにリムーバブルドライブやハードディスクの全体を暗号化できます。

暗号化のルールは、Kaspersky Security Center を使用してポリシーで設定します。既存のルールに基づく暗号化と復号化は、ポリシーの適用時に行われます。

暗号化機能を使用するかどうかは、ユーザーインターフェイスの設定で定義します。

次の操作を実行できます:

これらの操作には、Kaspersky Endpoint Security for Windows により提供される専用ツールを使用します。操作方法の詳細な説明と暗号化関連機能については、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプを参照してください。

Kaspersky Security Center では、MAC オペレーティングシステムで動作しているデバイスの暗号化管理機能をサポートしています。暗号化は、暗号化機能をサポートする製品バージョン向けの Kaspersky Endpoint Security for Mac のツールを使用して設定されます。操作方法の詳細な説明と暗号化関連機能については、『Kaspersky Endpoint Security for Mac 管理者用ガイド』を参照してください。

このセクションの内容

暗号化されたデバイスのリストの表示

暗号化イベントのリストの表示

暗号化イベントのリストのテキストファイルへのエクスポート

暗号化レポートの作成と表示

ページのトップに戻る