Kaspersky Security Center のライセンスオプション

Kaspersky Security Center では、1 つのライセンスが各種機能グループをカバーします。

管理コンソールの基本機能

次の機能を使用できます:

Kaspersky Security Center と管理コンソールの基本機能は、企業ネットワークを保護するカスペルスキー製品の一部として提供されます。カスペルスキーの Web サイトからもダウンロードできます。

製品がアクティベートされるまで、または製品版ライセンスの有効期限が切れた後、Kaspersky Security Center では、管理コンソールの基本機能のみを使用できます。

脆弱性とパッチ管理機能

次の機能を使用できます:

脆弱性とパッチ管理機能の管理単位は、管理対象デバイスグループにあるクライアントデバイスです。

デバイスのハードウェアについての詳細情報は、インベントリプロセス中に脆弱性とパッチ管理の一部として利用可能です。

脆弱性とパッチ管理を正しく動作させるには、ディスクに少なくとも 100 GB の空き容量が必要です。

モバイルデバイス管理機能

モバイルデバイス管理機能は、Exchange ActiveSync(EAS)モバイルデバイスおよび iOS MDM モバイルデバイスの管理を目的としています。

Exchange ActiveSync モバイルデバイス向けには、次の機能を使用できます:

iOS MDM デバイス向けには、次の機能を使用できます:

また、モバイルデバイス管理機能により、対応するプロトコルで提供されるコマンドの実行が可能です。

モバイルデバイス管理機能の管理単位はモバイルデバイスです。モバイルデバイスはモバイルデバイスサーバーに接続した時点から管理対象とみなされます。

関連項目:

Kaspersky Security Center 11 Web コンソールのインストールと初期セットアップのシナリオ

ページのトップに戻る