内部ユーザーのアカウントの追加

Kaspersky Security Center に新しい内部ユーザーアカウントを追加するには:

  1. コンソールツリーで、[ユーザーアカウント]フォルダーを開きます。

    既定では[ユーザーアカウント]フォルダーは[詳細]フォルダーのサブフォルダーです。

  2. 作業領域で、[ユーザーを追加]をクリックします。
  3. 新規ユーザー]ウィンドウで、新しいユーザーアカウントの設定を指定します:
    • 新規アカウント_名前 (ユーザー名)

      ユーザー名は十分に検討してから入力してください。保存した後に変更することはできません。

    • 説明
    • 名前
    • メールアドレス
    • 電話番号
    • パスワード:Kaspersky Security Center へのユーザーの接続用

      パスワードは次のルールに従う必要があります:

      • パスワードは、8 文字以上 16 文字以下にしてください。
      • パスワードでは、次の文字種別のうち 3 つ以上を組み合わせてください。
        • アルファベット大文字(A-Z)
        • アルファベット小文字(a-z)
        • 数字(0 -9)
        • 特殊文字(@ # $ % ^ & * - _ ! + = [ ] { } | : ' , .? / \ ` ~ " ( ) ;)
      • パスワードに空白文字や Unicode 文字を含めることはできません。また「.」の後に続けて「@」を入力することは避けてください。

      入力したパスワードを表示するには、[入力した文字を表示する]をクリックしたままにします。

      パスワードの入力試行回数には制限があります。既定では、許可されるパスワードの入力試行回数の上限は 10 回です。「許可されるパスワード入力試行回数の変更」の説明に従って、許可されるパスワードの入力試行回数を変更できます。

      ユーザーが無効なパスワードを指定された回数以上入力すると、ユーザーアカウントは 1 時間ブロックされます。ユーザーアカウントのリストで、ブロックされたアカウントのユーザーアイコン(新規アカウント_名前)が選択不可になります。パスワードを変更することでのみ、ユーザーアカウントのロックを解除できます。

    • 必要に応じて[アカウントの無効化]チェックボックスをオンにすると、ユーザーは本製品に接続できなくなります。たとえば、アカウントの作成のみ先に行って有効化は後で行いたい場合などに、アカウントの無効化を活用できます。
  4. OK]をクリックします。

新しく作成されたユーザーアカウントが、[ユーザーアカウント]フォルダーの作業領域に表示されます。

ページのトップに戻る