権限の設定:ユーザーロール

管理者、ユーザー、ユーザーグループごとに、製品のさまざまな機能への柔軟なアクセスを設定できます。次のいずれかの方法により、製品の機能に対するアクセス権限をユーザーに付与することができます:

ユーザーロールは、排他的に作成および事前に定義された、製品の各機能に対するアクセス権限のセットです。ロールは、ユーザーまたはユーザーグループに割り当てることができます。ロールを適用することにより、製品に対するユーザーのアクセス権限を設定するための所定の手順が簡略化および短縮されます。ロール内のアクセス権限は、標準タスクおよびユーザーの担当範囲に応じて設定されます。たとえば、あるユーザーロールでは、セルフサービスポータルを使用して他のユーザーのモバイルデバイスに情報コマンドを読み取り、送信する権限だけを持たせることができます。

ユーザーロールは、個別の目的に対応した名前を割り当てることができます。作成できるロールの数に制限はありません。

次のオブジェクトにおいて、製品のさまざまな機能へのアクセスを設定できます:

このセクションの内容

ユーザーロールの追加

ユーザーまたはユーザーのグループへのロールの割り当て

ユーザーとグループへの権限の割り当て

事前定義済みのユーザーロール

スレーブ管理サーバーにユーザーロールを反映させるには

ページのトップに戻る