標準設定:単一のオフィス

組織ネットワークには、1 台または複数台の管理サーバーを導入できます。管理サーバーの数は、使用可能なハードウェアまたは管理対象デバイスの合計数に基づき選択可能です。

1 台の管理サーバーで最大 100,000 台のデバイスをサポートできます。導入後に管理対象デバイスを増やす可能性がある場合は、1 台の管理サーバーに接続するデバイスの数を少なくしておきます。

管理サーバーに対するインターネットアクセスが必要かどうかに応じて、管理サーバーを内部ネットワーク上または DMZ 内に導入することができます。

複数台のサーバーを使用する場合は、1 つの階層に統合してください。管理サーバーの階層を使用することによりポリシーとタスクが重複するのを防ぎ、管理対象デバイスの全セットを 1 台の管理サーバーで管理している場合と同様に処理できます。つまり、デバイスの検索、デバイス選択の構築、レポートの作成などの処理です。

関連項目:

ディストリビューションポイントの概要

ディストリビューションポイントの要件

ネットワークエージェントと管理サーバー間のトラフィックの評価

Kaspersky Security Center で使用するポート

ページのトップに戻る