標準設定:各オフィスの管理者によって運用されている少数の大規模なオフィス

地理的に離れている少数の大規模なオフィスを運用する場合は、使用可能なクライアントデバイスとハードウェアの数に応じて、各オフィスに 1 台または複数台の管理サーバーを導入するオプションについて検討する必要があります。この場合、個別のオフィスは「標準設定:単一のオフィス」と見なすことができます。管理を簡単にするために、すべての管理サーバーを 1 つの階層に統合する必要があります(場合によっては、マルチレベル)。

デバイス(ノート PC)を持ち運んでオフィス間を移動する従業員がいる場合は、ネットワークエージェントのポリシー内で管理サーバー間のネットワークエージェント切り替え用のルールを作成しておく必要があります。

関連項目:

モバイルユーザー用の接続プロファイルの設定

標準設定:単一のオフィス

Kaspersky Security Center で使用するポート

ページのトップに戻る