[脅威対策]セクションでのポリシーの設定

このセクションに記載されている設定の詳細な説明については、Kaspersky Endpoint Security for Windows のヘルプを参照してください。

以下で、追加のセットアップ操作について説明します。この操作は、Kaspersky Endpoint Security for Windows のポリシーのプロパティウィンドウの[脅威対策]セクションで実行してください。

[脅威対策]セクション、[ファイアウォール]サブセクション

ポリシーのプロパティでネットワークのリストを確認します。このリストには、すべてのネットワークが含まれているとは限りません。

ネットワークのリストを確認するには:

  1. ポリシーのプロパティの[脅威対策]セクションで、[ファイアウォール]サブセクションを選択します。
  2. 使用可能なネットワーク]セクションで、[設定]をクリックします。

    ファイアウォール]ウィンドウが開きます。このウィンドウの[ネットワーク]タブに、ネットワークのリストが表示されます。

[脅威対策]セクション、[ファイル脅威対策]サブセクション

ネットワークドライブのスキャンを有効にすると、ネットワークドライブに大幅な負荷がかかることがあります。ファイルサーバーで間接スキャンを実行するのが有効です。

ネットワークドライブのスキャンを無効にするには:

  1. ポリシーのプロパティの[脅威対策]セクションで、[ファイル脅威対策]サブセクションを選択します。
  2. セキュリティレベル]セクションの[設定]をクリックします。
  3. ファイル脅威対策]ウィンドウが開いたら、[全般]タブで[すべてのネットワークドライブ]をオフにします。
ページのトップに戻る