Kaspersky Endpoint Security のグループアップデートタスクの手動セットアップ

このサブセクションの情報が適用されるのは、Kaspersky Security Center 10 Maintenance Release 1 以降のバージョンのみです。

タスクの開始を自動的かつランダムに遅延させる]がオンの場合、Kaspersky Endpoint Security バージョン 10 以降の最適かつ推奨されるスケジュールオプションは[新しいアップデートがリポジトリにダウンロードされ次第]です。

Kaspersky Endpoint Security バージョン 8 のグループアップデートタスクの場合は、タスクを実行するまでの時間を明示的に指定し(1 時間以上)、[タスクの開始を自動的かつランダムに遅延させる]をオンにします。

ページのトップに戻る