管理対象デバイスで関連する実行ファイルを実行するために、Kaspersky Security Center でアプリケーションのリモートインストール用ツールを使用する

新規パッケージウィザードを使用して、任意の実行ファイルを選択し、実行ファイルのコマンドラインの設定を定義できます。これを行うには、選択したファイルそのもの、またはこのファイルが保存されているフォルダー全体のいずれかを、インストールパッケージに追加します。次に、リモートインストールタスクを作成し、作成されたインストールパッケージを選択する必要があります。

タスクの実行中に、指定した実行ファイルが、定義したコマンドプロンプトの設定を使用して、対象デバイスで実行されます。

Microsoft Windows インストーラー(MSI)形式のインストーラーを使用する場合、Kaspersky Security Center では、標準ツールを使用してインストールの結果が分析されます。

脆弱性とパッチ管理ライセンスが使用可能な場合、Kaspersky Security Center は、(社内の環境でサポートされるアプリケーションのインストールパッケージを作成する際に)インストールのルールと、アップデート可能な定義データベース内のインストール結果の分析も使用します。

そうでない場合は、実行ファイルの既定のタスクは、プロセスとすべての子プロセスの実行が完了するのを待ちます。実行中のプロセスがすべて完了すると、初期プロセスのリターンコードにかかわらず、タスクは正常に終了します。このタスクのこのような動作を変更するには、タスクを作成する前に、新たに作成されたインストールパッケージのフォルダー内で Kaspersky Security Center が生成した kud ファイルを手動で修正する必要があります。

実行中のプロセスの完了を待たないタスクでは、次のように、[SetupProcessResult] セクションで Wait 設定の値を 0 に設定します:

例:

[SetupProcessResult]

Wait=0

すべての子プロセスの完了を待たずに、Windows で実行中プロセスの完了のみを待つタスクでは、たとえば次のように、[SetupProcessResult] セクションで WaitJob 設定の値を 0 に設定します:

例:

[SetupProcessResult]

WaitJob=0

実行中のプロセスのリターンコードに応じて正常に終了する、またはエラーを返すタスクでは、たとえば次のように、[SetupProcessResult_SuccessCodes] セクションで正常なリターンコードを一覧表示します:

例:

[SetupProcessResult_SuccessCodes]

0=

3010=

この場合、一覧表示されたコード以外のコードではすべて、エラーが返されます。

タスク結果でタスクの正常終了やエラーのコメント文字を表示するには、たとえば次のように、[SetupProcessResult_SuccessCodes] および [SetupProcessResult_ErrorCodes] セクションで、プロセスのリターンコードに対応する簡単なエラーの説明を入力します:

例:

[SetupProcessResult_SuccessCodes]

0= インストールが正常に完了しました

3010= インストールを完了するには再起動が必要です

[SetupProcessResult_ErrorCodes]

1602= ユーザーによってインストールがキャンセルされました

1603= インストール中に致命的なエラーが発生しました

Kaspersky Security Center ツールを使用してデバイスの再起動を管理するには(操作の完了に再起動が必要な場合)、次のように、[SetupProcessResult_NeedReboot] セクションで、再起動が必要であることを示すプロセスのリターンコードを一覧表示します:

例:

[SetupProcessResult_NeedReboot]

3010=

ページのトップに戻る