サイレントモードでのネットワークエージェントのインストール(応答ファイルを使用しない場合)

単一の msi パッケージを使用してネットワークエージェントをインストールすることで、標準的な方法で MSI プロパティの値を指定できます。このシナリオでは、グループポリシーを使用してネットワークエージェントをインストールできます。MSI プロパティを使用して定義されたパラメータと、応答ファイルで定義されたパラメータが競合するのを回避するには、プロパティ DONT_USE_ANSWER_FILE=1 に設定して、応答ファイルを無効にすることができます。msi パッケージを使用したネットワークエージェントのインストーラーの実行例は次の通りです。

ネットワークエージェントのサイレントモードでのインストールの場合は、使用許諾契約書の条項への同意が必要になります。「EULA=1」パラメータは、使用許諾契約書の内容をすべて確認し、理解した上で条項に同意する場合にのみ使用してください。

例:

msiexec /i "Kaspersky Network Agent.msi" /qn DONT_USE_ANSWER_FILE=1 SERVERADDRESS=kscserver.mycompany.com EULA=1

応答ファイル(拡張子が .mst のファイル)を事前に準備することで、msi パッケージのインストールパラメータを定義することもできます。このコマンドは次のようになります:

例:

msiexec /I "Kaspersky Network Agent.msi" /qn TRANSFORMS=test.mst;test2.mst

単一のコマンドで複数の応答ファイルを指定できます。

関連項目:

サイレントモードでのネットワークエージェントのインストール

ネットワークエージェントのインストールパラメータ

Kaspersky Security Center で使用するポート

一般情報

サイレントモードでのインストール(応答ファイルを使用した場合)

setup.exe を使用した部分インストールの設定

管理サーバーのインストールパラメータ

ページのトップに戻る