管理コンソールから参照できるステータス信号

管理コンソールでは、ステータス信号を確認することで、Kaspersky Security Center と管理対象デバイスの現在のステータスをすばやく参照できます。ステータス信号は、[管理サーバー]フォルダーの作業領域の[監視]タブに表示されます。このタブには、ステータス信号が表示された 6 つの情報パネルがあります。ステータス信号とは、パネルの左側に表示される色付きの縦線です。ステータス信号が表示された各パネルは、Kaspersky Security Center の特定の機能範囲に対応しています(以下の表を参照)。

管理コンソールのステータス信号の対象範囲

パネル名

ステータス信号の範囲

製品の導入

組織ネットワーク内のデバイスへのネットワークエージェントとセキュリティ製品のインストール

管理スキーム

管理グループの構造。ネットワークのスキャン。デバイス移動ルール

プロテクション設定

セキュリティ製品の機能:保護ステータス、ウイルススキャン

アップデート

アップデートとパッチ

監視

保護ステータス

管理サーバー

管理サーバーの機能とプロパティ

各ステータス信号は、以下の 5 色で表されます(下表を参照)。ステータス信号の色は、Kaspersky Security Center の現在のステータスと、記録されたイベントに基づきます。

ステータス信号の色コード

ステータス

ステータス信号の色

ステータス信号の色の意味

情報

管理者の介入は必要ありません

警告

管理者の介入が必要です。

緊急

重大な問題が発生しました。問題を解決するには、管理者の介入が必要です。

情報

水色

管理対象デバイスのセキュリティに対する潜在的脅威または実際の脅威とは無関係のイベントが記録されました

情報

灰色

イベントの詳細が不明であるか、まだ取得されていません

監視]タブのすべての情報パネルのステータス信号の色を緑にすることが、管理者の目標となります。

ページのトップに戻る