標準インストール

標準インストールとは、アプリケーションファイル用に既定パスを使用し、既定のセットのプラグインをインストールして、モバイルデバイス管理を有効にしない管理サーバーインストールのことです。

Kaspersky Security Center 管理サーバーをローカルデバイスにインストールするには:

ksc_12.<ビルド番号>_full_<ローカリゼーション言語>.exe 実行ファイルを実行します。

ウィンドウが開き、インストールするカスペルスキー製品の選択を要求されます。製品を選択するウィンドウで、[Kaspersky Security Center 12 管理サーバーをインストールします]をクリックし、管理サーバーのセットアップウィザードを開始します。ウィザードの指示に従ってください。

セットアップウィザードのステップと、それぞれのステップで実行できる処理は次の通りです。

このセクションの内容

ステップ 1:使用許諾契約書とプライバシーポリシーの確認

ステップ 2:インストール方法の選択

ステップ 3:Kaspersky Security Center 12 Web コンソールのインストール

ステップ 4:ネットワークサイズの選択

ステップ 5:データベースの選択

ステップ 6:SQL Server の設定

ステップ 7:認証モードの選択

ステップ 8:ハードディスク上へのファイルの解凍とインストール

ページのトップに戻る