ステップ 7:SQL Server の設定

ウィザードのこのステップでは、SQL Server を設定します。

選択したデータベースに応じて、次の設定を指定します:

企業ネットワーク上の SQL Server で Always On 機能が有効化されている場合、可用性グループのリスナーの名前を[DBMS のインスタンス名]フィールドで指定します。Always On 機能が有効な時、管理サーバーがサポートする可用性モードは同期コミットモードのみであることに注意してください。

この段階で、Kaspersky Security Center をインストールしているデバイスに SQL Server をインストールする場合は、インストールを中断し、SQL Server のインストール後に再開する必要があります。サポートする SQL Server のバージョンは、システム要件に一覧で掲載しています。

リモートデバイスに SQL Server をインストールする場合は、Kaspersky Security Center のセットアップウィザードを中断する必要はありません。SQL サーバーをインストールし、Kaspersky Security Center のインストールを続けます。

関連項目:

主要なインストールシナリオ

ページのトップに戻る