ステップ 11:初期保護設定の作成

初期プロテクションの設定]ウィンドウには、自動的に作成されたポリシーとタスクのリストが表示されます。次のポリシーとタスクが作成されます:

ポリシーとタスクの作成が完了してから、ウィザードの次のステップに進んでください。

Kaspersky Endpoint Security for Windows の 10 Service Pack 1 から 11.0.1 までの管理プラグインをダウンロードしてインストールしていた場合、ポリシーとタスクの作成中に Kaspersky Endpoint Security for Windows の信頼ゾーンの初期設定用のウィンドウが表示されます。カスペルスキーによって安全が確認された開発元を信頼リストに追加するようにメッセージで指示されます。これらの開発元の製品が誤ってブロックされないようスキャンから除外するためです。信頼するオブジェクトを今すぐ作成することも、信頼リストを後で作成することもできます。それには、コンソールツリー、[ポリシー] - [Kaspersky Endpoint Security]のプロパティメニュー - [先進の脅威対策] - [信頼ゾーン] - [設定] - [追加]の順に選択します。信頼するオブジェクトのリストは、アプリケーションの使用時にいつでも編集できます。

信頼リストでの操作は、Kaspersky Endpoint Security for Windows により提供される専用ツールを使用して実行します。操作方法の詳細な説明と暗号化関連機能については、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプを参照してください。

信頼リストの初期設定を終了して、ウィザードに戻るには、[OK]をクリックします。

次へ]をクリックします。必要なポリシーとタスクをすべて作成すると、このボタンが使用可能になります。

ページのトップに戻る