ネットワークエージェントのインストールパッケージ設定

すべて表示 | すべて非表示

ネットワークエージェントのインストールパッケージを設定するには:

  1. コンソールツリーの[リモートインストール]フォルダーで、[インストールパッケージ]サブフォルダーを選択します。

    既定では、[リモートインストール]フォルダーは[詳細]フォルダーのサブフォルダーです。

  2. ネットワークエージェントのインストールパッケージのコンテキストメニューで[プロパティ]を選択します。

ネットワークエージェントのインストールパッケージのプロパティウィンドウが表示されます。

全般

全般]セクションには、インストールパッケージに関する全般的な情報が表示されます:

設定

このセクションには、ネットワークエージェントをインストール後すぐに正常に機能させるのに必要な設定が示されます。このセクションの設定は、Windows を実行しているデバイスでのみ使用できます。

インストール先フォルダー]セクションでは、ネットワークエージェントがインストールされるクライアントデバイスのフォルダーを選択できます。

次の設定グループでは、ネットワークエージェントのリモートアンインストールタスク用のパスワードを設定できます:

接続

このセクションでは、ネットワークエージェントから管理サーバーへの接続を設定できます:

このセクションでは、ネットワークエージェントから管理サーバーへの接続を設定できます。接続を確立するために、SSL または UDP プロトコルを使用できます。接続を設定するには、次の設定を指定します:

詳細

詳細]セクションでは、接続ゲートウェイの使用方法を設定できます。この目的のために、次の操作を実行できます:

追加コンポーネント

このセクションでは、ネットワークエージェントと同時にインストールする追加コンポーネントを選択できます。

タグ

タグ]セクションには、ネットワークエージェントのインストール後にクライアントデバイスに追加できるキーワード(タグ)のリストが表示されます。リストへのタグの追加、リストからのタグの削除、タグの名前の変更を行うことができます。

タグの横のチェックボックスがオンの場合、そのタグは、ネットワークエージェントのインストール時に、管理対象デバイスに自動的に追加されます。

タグの横のチェックボックスがオフの場合、そのタグは、ネットワークエージェントのインストール時に、管理対象デバイスに追加されません。タグは手動でデバイスに追加できます。

リストからタグを削除すると、そのタグは、そのタグが追加されたすべてのデバイスから自動的に削除されます。

変更履歴

このセクションでは、インストールパッケージのリビジョンの履歴を確認できます。リビジョンの比較、リビジョンの表示、リビジョンのファイル保存、リビジョンの説明の追加と編集ができます。

次の表に、各オペレーティングシステムで利用できるネットワークエージェントのインストールパッケージ設定を示します。

ネットワークエージェントのインストールパッケージ設定

プロパティセクション

Windows

Mac

Linux

全般

設定

使用しない

使用しない

接続

(ただし、[Microsoft Windows ファイアウォールにネットワークエージェントのポートを開ける ]および[プロキシサーバーの自動検出のみを使用する]を除く)

(ただし、[Microsoft Windows ファイアウォールにネットワークエージェントのポートを開ける]および[プロキシサーバーの自動検出のみを使用する]を除く)

詳細

追加コンポーネント

タグ

(ただし、自動タグルールを除く)

(ただし、自動タグルールを除く)

変更履歴

ページのトップに戻る