ステップ 8:ハードディスク上へのファイルの解凍とインストール

Kaspersky Security Center のインストールを設定した後に、ハードディスク上のファイルのインストールを開始できます。

インストールに追加プログラムが必要な場合は、Kaspersky Security Center のインストールが開始される前に、セットアップウィザードの[必要項目のインストール]ウィンドウに、通知が表示されます。[次へ]をクリックすると、必要なプログラムが自動的にインストールされます。

最後のウィンドウでは、どちらのコンソールで Kaspersky Security Center の使用を開始するかを選択できます。

また、[終了]をクリックして、Kaspersky Security Center の操作を開始せずにウィザードを終了することもできます。ウィザードの終了後も、いつでも使用を開始できます。

管理コンソールまたは Kaspersky Security Center 12 Web コンソールの最初の起動時、アプリケーションの初期設定を実行することができます。

セットアップウィザードが終了したら、オペレーティングシステムがインストールされているハードディスクに、次のアプリケーションコンポーネントがインストールされます:

また、Microsoft Windows Installer 4.5 が前もってインストールされていない場合はインストールされます。

ページのトップに戻る