Kaspersky Security Center の制限に関する情報

以下の表では、現在のバージョンの Kaspersky Security Center の制限事項を示しています。

Kaspersky Security Center の制限

制限の種別

管理サーバーあたりの管理対象デバイスの最大数

100,000

管理サーバーから切断しない]がオンになっているデバイス数の上限

300

管理グループ数の上限

10,000

保存するイベント数の上限

45,000,000

ポリシーの数の上限

2000

タスクの数の上限

2000

Active Directory オブジェクト(ユーザー、デバイス、セキュリティグループの組織単位とアカウント)の合計数の上限

1,000,000

ポリシーのプロファイル数の上限

100

単一のマスター管理サーバー上のスレーブ管理サーバー数の上限

500

仮想管理サーバー数の上限

500

単一のディストリビューションポイントが対象にすることができるデバイス数の上限(ディストリビューションポイントはモバイルデバイス以外のみをサポートできます)

10,000

単一の接続ゲートウェイを使用できるデバイス数の上限

10,000(モバイルデバイスを含む)

管理サーバーあたりのモバイルデバイスの最大数

100000 - 固定管理対象デバイスの数

ページのトップに戻る