Windows 用、macOS 用、Linux 用ネットワークエージェントの用途:比較

ネットワークエージェントの用途は、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。ネットワークエージェントのポリシーの設定とインストールパッケージの設定も、オペレーティングシステムによって異なります。次の表は、Windows、macOS、および Linux オペレーティングシステムで使用可能なネットワークエージェントの機能と使用シナリオを比較したものです。

ネットワークエージェントの機能の比較

ネットワークエージェントの機能

Windows

macOS

Linux

インストール

Kaspersky Security Center のインストール後に、ネットワークエージェントのインストールパッケージを自動作成

使用しない

使用しない

Kaspersky Security Center のリモートインストールタスクでの特別なオプションを使用した強制的なインストール実行

Kaspersky Security Center が生成したスタンドアロンパッケージに対して、デバイスユーザーリンクを送信してのインストール

オペレーティングシステムとネットワークエージェントをインストールした管理者のハードディスクのイメージをクローン化してのインストール:ディスクイメージ処理用として Kaspersky Security Center から提供されたツールを使用するか、またはサードパーティ製のツールを使用する。

使用しない

使用しない

アプリケーションのリモートインストールにおけるサードパーティ製のツールを使用したインストール

デバイスでアプリケーションインストーラーを実行しての手動インストール

サイレントモードでのネットワークエージェントのインストール

サイレントモードでのネットワークエージェントのインストール

使用しない

使用しない

クライアントデバイスから管理サーバーへの手動接続:klmover ユーティリティ

Kaspersky Security Center コンポーネントのアップデートとパッチの自動インストール

使用しない

使用しない

ライセンスの自動配信

強制同期

ディストリビューションポイント

ディストリビューションポイントとして使用

ディストリビューションポイントの自動割り当て

あらゆる種類のネットワークポーリング

使用しない

使用しない

ディストリビューションポイントでの KSN プロキシサービスの実行

 

使用しない

使用しない

Windows デバイスへのアプリケーションの強制インストール

制限:ネットワーク接続されたデバイス上で、ポーリングによってオペレーティングシステムの種別が定義されると、管理サーバーは非 Windows ディストリビューションポイントを使用して、Windows デバイス上で強制インストールを試行しなくなります。

制限:ネットワーク接続されたデバイス上で、ポーリングによってオペレーティングシステムの種別が定義されると、管理サーバーは非 Windows ディストリビューションポイントを使用して、Windows デバイス上で強制インストールを試行しなくなります。

ディストリビューションポイントのリポジトリに、カスペルスキーのアップデートサーバーからアップデートを直接ダウンロード

 

使用しない

([ディストリビューションポイントのリポジトリにアップデートをダウンロード]タスクの対象範囲に Linux または macOS を実行しているデバイスが 1 台以上含まれている場合、すべての Windows デバイスでタスクが正常に完了した場合でも、タスクには「失敗」ステータスが付与されます)

使用しない

([ディストリビューションポイントのリポジトリにアップデートをダウンロード]タスクの対象範囲に Linux または macOS を実行しているデバイスが 1 台以上含まれている場合、すべての Windows デバイスでタスクが正常に完了した場合でも、タスクには「失敗」ステータスが付与されます)

オフライン方式のアップデートのダウンロード

プッシュサーバーとしての使用

他のアプリケーションの処理

デバイスへのアプリケーションのリモートインストール

使用しない

使用しない

ソフトウェアのアップデート

使用しない

使用しない

ネットワークエージェントポリシーでのオペレーティングシステムのアップデートの設定

使用しない

使用しない

ソフトウェアの脆弱性に関する情報の表示

使用しない

使用しない

アプリケーションの脆弱性スキャン

 

使用しない

使用しない

デバイスにインストールされたソフトウェアのインベントリ

使用しない

使用しない

アプリケーションレジストリの表示

使用しない

使用しない

Kaspersky Security Center で作成されたスタンドアロンパッケージによるアプリケーションのインストール

使用しない

使用しない

ライセンスの自動配信

仮想マシン

仮想マシンへのネットワークエージェントのインストール

使用しない

仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)に合わせた設定の最適化

動的仮想マシンのサポート

その他の脅威

リモートクライアントデバイスでの Windows デスクトップ共有を使用した操作の監査

使用しない

使用しない

アンチウイルスによる保護のステータスの監視

デバイスの再起動の管理

使用しない

使用しない

ファイルシステムロールバックのサポート

ネットワークエージェントを接続ゲートウェイとして使用する

接続マネージャー

別の管理サーバーへのネットワークエージェントの接続先の切り替え(ネットワーク上の位置により自動的に実行)

使用しない

使用しない

クライアントデバイスと管理サーバー間の接続の確認:klnagchk ユーティリティ

クライアントデバイスのデスクトップへのリモート接続

移行ウィザードを使用したスタンドアロンインストールパッケージのダウンロード

Zeroconf ポーリング

使用しない

使用しない

関連項目:

ネットワークエージェントとセキュリティ製品の導入

ページのトップに戻る