クラウド環境での利用

このセクションでは、Amazon Web Services、Microsoft Azure、および Google Cloud のクラウド環境での Kaspersky Security Center の導入とメンテナンスについて説明しています。

このヘルプ内にリンクが貼られている Web ページのアドレスは、2021 年 7 月時点のものです。

このセクションの内容

クラウド環境での利用について

シナリオ:クラウド環境への導入

Kaspersky Security Center をクラウド環境に導入する場合の前提条件

クラウド環境での管理サーバーのハードウェア要件

クラウド環境で利用できるライセンスオプションについて

クラウド環境で利用できるデータベースの構成

Amazon Web Services クラウド環境での利用

Microsoft Azure クラウド環境での利用

Google Cloud での利用

Kaspersky Security Center で管理するクラウド環境のクライアントデバイスの必須条件

クラウド環境設定ウィザード

設定の確認

クラウドデバイスグループ

ネットワークセグメントのポーリング

クラウド環境のデバイスへのアプリケーションのインストール

クラウドデバイスのプロパティの表示

クラウドとの同期

セキュリティ製品導入を目的とした導入スクリプトの使用

Yandex.Cloud での Kaspersky Security Center の導入

ページのトップに戻る