データトラフィックの流れと使用ポートの図解

このセクションでは、Kaspersky Security Center コンポーネント、セキュリティ製品、外部サーバーの構成に応じて、データトラフィックの流れを図解したスキーマを掲載しています。スキーマには、ローカルデバイスで利用可能になっている必要のあるポートの番号も記載されています。

このセクションの内容

LAN 内に管理サーバーと管理対象デバイスがある構成

マスター管理サーバーが LAN 内にありスレーブ管理サーバーが 2 台ある構成

管理サーバーが LAN 内にありインターネット経由で管理対象デバイスに接続している構成(TMG を使用)

管理サーバーが LAN 内にありインターネット経由で管理対象デバイスに接続している構成(接続ゲートウェイを使用)

管理サーバーが DMZ 内にありインターネット経由で管理対象デバイスに接続している構成

Kaspersky Security Center コンポーネントとセキュリティ製品のインタラクションの図解

関連項目:

主要なインストールシナリオ

ページのトップに戻る