クライアントデバイスにインストールされているアプリケーションのリストの取得と表示

Kaspersky Security Center は、Windows を実行している管理対象クライアントデバイスにインストールされているすべてのソフトウェアのインベントリを作成します。

ネットワークエージェントが、デバイスにインストールされているアプリケーションのリストを作成し、管理サーバーに送信します。ネットワークエージェントは、インストールされたアプリケーションに関する情報を Windows のレジストリから自動的に取得します。

デバイスのリソースを節約するため、既定ではネットワークエージェントサービスが起動してから 10 分後に、インストールされているアプリケーションの情報を取得し始めます。

管理対象デバイスにインストールされているアプリケーションのリストを表示するには:

操作 ] - [サードパーティ製品]ドロップダウンリストから、[アプリケーションレジストリ]を選択します。

管理対象デバイスにインストールされているアプリケーションのリストが表示されます。

アプリケーションコントロール機能について詳しくは、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプKaspersky Security for Virtualization Light Agent のオンラインヘルプを参照してください。

関連項目:

シナリオ:アプリケーションの管理

ページのトップに戻る