コンテンツが手動で追加されるアプリケーションカテゴリの作成

すべて表示 | すべて非表示

組織内で起動を許可またはブロックする実行ファイルのテンプレートとしての条件を、単独でまたは組み合わせて指定できます。一定の条件に一致する実行ファイルをまとめて管理するために、アプリケーションカテゴリを作成してアプリケーションコントロールの設定で使用できます。

コンテンツが手動で追加されるアプリケーションカテゴリを作成するには:

  1. 操作 ] - [サードパーティ製品]ドロップダウンリストから、[アプリケーションカテゴリ]を選択します。

    アプリケーションカテゴリのリストが表示されます。

  2. 追加]をクリックします。

    新規カテゴリウィザードが起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. ウィザードの[カテゴリの作成方法の選択]ページで、[手動でコンテンツを追加するカテゴリ:実行ファイルのデータを手動でカテゴリに追加します。]を選択します。
  4. ウィザードの[条件]ページで[追加]をクリックして、作成中のカテゴリに含めるファイルの条件を追加します。
  5. 条件の基準]ページで、カテゴリを作成するルールの種別をリストから選択します:
    • KL カテゴリから選択
    • リポジトリから証明書を選択
    • アプリケーションのパスを指定 (マスクをサポート)
    • リムーバブルドライブ
    • ハッシュ、メタデータ、証明書のいずれか
      • 実行ファイルリストから選択
      • アプリケーションレジストリから選択
      • 手動で指定
      • ファイル、MSI パッケージ、アーカイブフォルダーから選択

    選択した基準が、条件のリストに追加されます。

    アプリケーションカテゴリの作成基準は、個数の制限なく必要な数だけ追加できます。

  6. ウィザードの[除外]ページで[追加]をクリックして、作成中のカテゴリから除外するファイルの条件を追加します。
  7. 条件の基準]ページで、カテゴリ作成用のルールの種別を選択したときと同様に、リストからルールの種別を選択します。

ウィザードを最後まで完了すると、アプリケーションカテゴリが作成されます。新しいカテゴリがアプリケーションカテゴリのリストに表示されます。アプリケーションコントロールを設定時に作成したアプリケーションカテゴリを使用できます。

アプリケーションコントロール機能について詳しくは、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプKaspersky Security for Virtualization Light Agent のオンラインヘルプを参照してください。

関連項目:

シナリオ:アプリケーションの管理

ページのトップに戻る