選択したフォルダーの実行ファイルを含むアプリケーションカテゴリの作成

すべて表示 | すべて非表示

選択したフォルダー上に存在する実行ファイルを、組織内で許可またはブロックする実行ファイルの条件として使用できます。選択したフォルダー上に存在する実行ファイルを基準に、アプリケーションカテゴリを作成してアプリケーションコントロールの設定で使用できます。

選択したフォルダーの実行ファイルを含むアプリケーションカテゴリを作成するには:

  1. 操作 ] - [サードパーティ製品]ドロップダウンリストから、[アプリケーションカテゴリ]を選択します。

    アプリケーションカテゴリのリストが表示されます。

  2. 追加]をクリックします。

    新規カテゴリウィザードが起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. ウィザードの[カテゴリの作成方法の選択]ページで、カテゴリ名を指定して[特定のフォルダーの実行ファイルを含むカテゴリ:指定されたフォルダーにコピーされたアプリケーションの実行ファイルが自動的に処理され、メトリックがカテゴリに追加されます。]をオンにします。
  4. アプリケーションカテゴリの作成に使用される実行ファイルのフォルダーを指定します。
  5. 次の設定を指定します:
    • ダイナミックリンクライブラリ(DLL)をこのカテゴリに含める
    • このカテゴリ内のスクリプトデータを含める
    • ハッシュ値計算アルゴリズム:[このカテゴリのファイルの SHA-256 の値を計算する(Kaspersky Endpoint Security 10 Service Pack 2 for Windows 以降のバージョンでサポート)] / [このカテゴリのファイルの MD5 の値を計算する(Kaspersky Endpoint Security 10 Service Pack 2 for Windows より前のバージョンでサポート)
    • 変更のあったフォルダーを強制スキャンする

ウィザードを最後まで完了すると、アプリケーションカテゴリが作成されます。新しいカテゴリがアプリケーションカテゴリのリストに表示されます。アプリケーションコントロールでこれらのアプリケーションカテゴリを使用できます。

アプリケーションコントロール機能について詳しくは、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプKaspersky Security for Virtualization Light Agent のオンラインヘルプを参照してください。

関連項目:

シナリオ:アプリケーションの管理

ページのトップに戻る