Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシーでのアプリケーションコントロール機能の設定

アプリケーションカテゴリの作成が完了すると、Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシーでのアプリケーションコントロールの設定時にこれらのカテゴリを使用できます。

Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシーでのアプリケーションコントロール機能を設定するには:

  1. デバイス] - [ポリシーとプロファイル]の順に選択します。

    ポリシーのリストが表示されます。

  2. Kaspersky Endpoint Security for Windows のポリシーをクリックします。

    ポリシーの設定ウィンドウが表示されます。

  3. アプリケーション設定]タブの[セキュリティコントロール]セクションで、[アプリケーションコントロール]サブセクションを選択します。

    アプリケーションコントロール]ウィンドウでアプリケーションコントロール設定が表示されます。

  4. 切り替えスイッチを使用して[アプリケーションコントロール]をオンにします。
  5. アプリケーションコントロールのルールをテストする場合は、切り替えスイッチを使用して[テストモード]をオンにします。

    アプリケーションコントロールのルールを実際に適用する場合は、切り替えスイッチを使用して[テストモード]をオフにします。

  6. Kaspersky Endpoint Security for Windows で、ユーザーがアプリケーションを起動したときの DLL モジュールの読み込みを監視する場合は、[DLL とドライバーを管理]をオンにします。

    モジュールに関する情報とモジュールを読み込んだアプリケーションに関する情報がレポートに保存されます。

    Kaspersky Endpoint Security for Windows は、[DLL とドライバーを管理]がオンになった後に読み込まれた DLL モジュールとドライバーのみを監視します。Kaspersky Endpoint Security for Windows の起動前に読み込まれていた DLL モジュールとドライバーも含めてすべての DLL モジュールとドライバーを監視する場合、[DLL とドライバーを管理]をオンにした後にコンピューターを再起動してください。

  7. (省略可能な手順)[メッセージのテンプレート]セクションで、アプリケーションの起動がブロックされたときに表示されるメッセージのテンプレートとお手元に送信されるメッセージのテンプレートを編集できます。
  8. アプリケーションコントロールモード]設定で、[ブラックリスト]モードまたは[ホワイトリスト]モードを選択します。

    既定では、[ブラックリスト]モードが選択されています。

  9. ルールリストの設定]をクリックします。

    ブラックリストとホワイトリスト]ウィンドウで、アプリケーションカテゴリを追加できます。既定では、[ブラックリスト]モードがオンのときには[ブラックリスト]タブが選択されており、[ホワイトリスト]モードがオンのときには[ホワイトリスト]タブが選択されています。

  10. ブラックリストとホワイトリスト]ウィンドウで[追加]をクリックします。

    アプリケーションコントロールルール]ウィンドウが表示されます。

  11. カテゴリが定義されていません]をクリックします。

    アプリケーションカテゴリ]ウィンドウが開きます。

  12. 作成済みのアプリケーションカテゴリを追加します。

    編集]をクリックすると、作成済みのカテゴリの設定を編集できます。

    新しいカテゴリを作成するには、[追加]をクリックします。

    リストからカテゴリを削除するには、[削除]をクリックします。

  13. アプリケーションカテゴリのリストの編集が完了したら、[OK]をクリックします。

    アプリケーションカテゴリ]ウィンドウが閉じます。

  14. アプリケーションコントロールルール]ウィンドウの[オブジェクトとその権限]セクションで、アプリケーションコントロールルールを適用するユーザーとユーザーのグループのリストを作成します。
  15. OK]をクリックして、設定を保存し[アプリケーションコントロールルール]ウィンドウを閉じます。
  16. OK]をクリックして、設定を保存し[ブラックリストとホワイトリスト]ウィンドウを閉じます。
  17. OK]をクリックして、設定を保存し[アプリケーションコントロール]ウィンドウを閉じます。
  18. ボタン(閉じるボタン)をクリックして、Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシー設定のウィンドウを閉じます。

アプリケーションコントロールの設定が適用されます。ポリシーのクライアントデバイスへの適用が完了すると、実行ファイルの起動が管理されるようになります。

アプリケーションコントロール機能について詳しくは、Kaspersky Endpoint Security for Windows のオンラインヘルプKaspersky Security for Virtualization Light Agent のオンラインヘルプを参照してください。

関連項目:

シナリオ:アプリケーションの管理

ページのトップに戻る