IP アドレス範囲のポーリング

すべて表示 | すべて非表示

管理サーバーが ICMP パケットを使用して指定の IP アドレス範囲をポーリングし、IP アドレス範囲内にあるデバイスの完全なデータを作成します。既定では、この種別のポーリングはオフです。Windows ネットワークのポーリングや Active Directory のポーリングを使用する場合は、この種別のポーリングの使用は推奨されません。

IP アドレス範囲のポーリング設定の表示と変更

IP アドレス範囲のポーリング設定の表示と変更を行うには:

  1. コンソールツリーで、[デバイスの検索]フォルダーの[IP アドレス範囲]サブフォルダーを選択します。

    今すぐポーリング]をクリックすると、[未割り当てデバイス]フォルダーから[デバイスの検索]フォルダーに進むことができます。

  2. 必要に応じて、[IP アドレス範囲]サブフォルダーで[サブネットの追加]をクリックしてポーリング対象の IP アドレス範囲を追加し、[OK]をクリックします。
  3. ポーリングの設定]をクリックします。

    IP アドレス範囲のプロパティウィンドウが開きます。必要に応じて、IP アドレス範囲のポーリング設定を編集できます:

    • IP アドレス範囲のポーリングを有効にする
    • ポーリングのスケジュールを設定する

すぐにポーリングを実行するには、[今すぐポーリング]をクリックします。このボタンは、[IP アドレス範囲のポーリングを有効にする]をオンにすると使用可能になります。

仮想管理サーバーでは、ディストリビューションポイントのプロパティウィンドウの[デバイスの検索]セクションで、IP アドレス範囲ポーリングの設定を表示および編集できます。IP アドレス範囲のポーリング中に検出されたクライアントデバイスは、仮想管理サーバーの[ドメイン]フォルダーに表示されます。

関連項目:

ネットワーク接続されたデバイスの検出シナリオ

ページのトップに戻る