カスペルスキー製品:一元管理による導入

このセクションでは、カスペルスキー製品のリモートインストールとネットワーク上のデバイスからの削除の方法について説明します。

クライアントデバイスにアプリケーションを導入する前に、クライアントデバイスのハードウェアとソフトウェアが該当する要件を満たしていることを確認してください。

ネットワークエージェントは、管理コンソールにクライアントデバイスとの接続を提供するコンポーネントです。そのため、リモート一元管理システムに接続するすべてのクライアントデバイスにインストールする必要があります。管理サーバーがインストールされているデバイスでは、サーバー向けネットワークエージェントのみ使用できます。このバージョンのネットワークエージェントは、管理サーバーの一部として管理サーバーとともにインストールおよび削除されます。デバイスにネットワークエージェントをインストールする必要はありません。

アプリケーションと同様に、ネットワークエージェントのインストールはリモートでもローカルでも実行可能です。管理コンソールを用いたセキュリティ製品の一元的な導入時に、ネットワークエージェントをセキュリティ製品とともにインストールできます。

ネットワークエージェントは、連携して動作するカスペルスキー製品によって異なる場合があります。場合によっては、ネットワークエージェントのインストールがローカルでしかインストールできないことがあります(詳細については該当する製品のガイドを参照してください)。クライアントデバイスへのネットワークエージェントのインストールは、一度だけ必要です。

カスペルスキー製品は、管理プラグインを使用して管理コンソールで管理します。したがって、アプリケーションの管理インターフェイスに Kaspersky Security Center を介してアクセスするには、対応する管理プラグインが管理コンピューターにインストールされている必要があります。

Kaspersky Security Center アプリケーションのメインウィンドウで、管理コンピューターからアプリケーションをリモートインストールすることができます。

ソフトウェアをリモートインストールするには、リモートインストールタスクを作成する必要があります。

リモートインストール用に作成されたタスクは、設定されているスケジュールで起動します。タスクの実行を手動で停止することで、インストール手順を中断できます。

アプリケーションのリモートインストールでエラーが返される場合は、リモート導入準備ユーティリティを使ってエラーの原因を見つけて修正することができます。

導入レポートで、ネットワーク内のカスペルスキー製品のリモートインストールの進行状況を追跡できます。

各製品を Kaspersky Security Center で管理する場合の詳細については、該当の製品のガイドを参照してください。

このセクションの内容

サードパーティのセキュリティ製品からの移行とアンインストールの実施

リモートインストールタスクを使用したアプリケーションのインストール

リモートインストールウィザードを使用したアプリケーションのインストール

製品導入レポートの確認

アプリケーションのリモート削除

インストールパッケージの使用

アプリケーションの最新バージョンの取得

リモートインストールのためのデバイスの準備:riprep.exe ユーティリティ

ネットワークエージェントのリモートインストール用の Linux デバイスの準備

ネットワークエージェントのリモートインストール用の macOS デバイスの準備

関連項目:

主要なインストールシナリオ

ページのトップに戻る