リモートインストールタスクを使用したアプリケーションのインストール

Kaspersky Security Center では、リモートインストールタスクを使用してデバイスにアプリケーションをリモートインストールできます。このタスクは、専用のウィザードを使用して作成しデバイスに割り当てます。タスクを簡単にデバイスに割り当てるには、次のいずれかの方法を使用し、ウィザードウィンドウでデバイスを指定できます:

ネットワークエージェントがインストールされていないデバイスでリモートインストールを正常に行うには、次のポートを開いておく必要があります:TCP 139 および 445、UDP 137 および 138。既定では、これらのポートはドメイン内のすべてのデバイスで開いています。これらのポートは、リモート導入準備ユーティリティを使用して自動的に開かれます。

このセクションの内容

選択したデバイスへのアプリケーションのインストール

管理グループ内のクライアントデバイスへのアプリケーションのインストール

Active Directory グループポリシーを使用したアプリケーションのインストール

スレーブ管理サーバーへのアプリケーションのインストール

ページのトップに戻る