サイレントモードでのアプリケーションのインストール

アプリケーションをサイレントモードでインストールするには:

  1. Kaspersky Security Center のメインウィンドウを開きます。
  2. コンソールツリーにある[リモートインストール]フォルダーの[インストールパッケージ]サブフォルダーを開き、該当するアプリケーションのインストールパッケージを選択するか、インストールパッケージを新規作成します。

    インストールパッケージは、管理サーバーで指定された共有フォルダー内のサブフォルダー Packages 内にあります。各インストールパッケージは、個別のサブフォルダー内に格納されています。

  3. 次のいずれかの方法で、必要なインストールパッケージを格納するためのフォルダーを開きます:
    • 管理サーバーからクライアントデバイスに関連するインストールパッケージに対応するフォルダーをコピーします。コピーしたフォルダーをクライアントデバイスで開きます。
    • クライアントデバイスから、管理サーバーの必須インストールパッケージに対応する共有フォルダーを開きます。

    Microsoft Windows Vista がインストールされたデバイスに共有フォルダーがある場合は、[ユーザーアカウント制御:管理者承認モードですべての管理者を実行する]の値を「無効」にする必要があります([スタート] - [コントロールパネル] - [管理ツール] - [ローカルセキュリティポリシー] - [セキュリティオプション])。

  4. 選択したアプリケーションに応じて次の手順を実行します:
    • Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation、Kaspersky Anti-Virus for Windows Server、Kaspersky Security Center の場合、サブフォルダー exec に移動し、/s キーを指定して実行ファイル(exe 拡張子のファイル)を実行します。
    • その他のカスペルスキー製品の場合は、開かれたフォルダーから /s キーを指定して実行ファイル(exe 拡張子のファイル)を実行します。

    EULA=1 および PRIVACYPOLICY=1 キーを指定して実行ファイルを実行すると、使用許諾契約書プライバシーポリシーそれぞれの内容をすべて確認し、理解した上で条項に同意したことになります。また、プライバシーポリシーに記載されているように、データが処理されて送信されること(第三国への送信を含む)も理解したことになります。使用許諾契約書とプライバシーポリシーの本文は、Kaspersky Security Center の配布キットに含まれています。アプリケーションのインストールまたは以前のバージョンのアプリケーションをアップグレードするには、使用許諾契約書とプライバシーポリシーに同意する必要があります。

ページのトップに戻る