ステップ 10:Kaspersky Security Center のサービスを実行するために使用するアカウントの選択

Kaspersky Security Center のサービスをこのデバイスで実行する場合のアカウントを選択します:

セキュリティ上の理由により、サービスを実行しているアカウントには権限ステータスを付与しないでください。

KSN プロキシサーバーサービス(ksnproxy)、カスペルスキーアクティベーションプロキシサーバーサービス(klactprx)、カスペルスキー認証ポータルサービス(klwebsrv)は、選択したアカウントで実行されます。

関連項目:

Kaspersky Security Center のインストール後のシステムの変更

主要なインストールシナリオ

ページのトップに戻る