仮想管理サーバー

物理管理サーバーに基づいて、複数台の仮想管理サーバーを作成できます。これは、スレーブ管理サーバーと類似したものです。仮想管理サーバーモデルは、アクセス制御リスト(ACL)に基づいた任意のアクセスモデルと比較した場合、機能性が高く、高度の分離性を実現しています。各仮想管理サーバーには、ポリシーとタスクにより割り当てられたデバイス用の管理グループの専用構造の他に、未割り当てデバイスの独自のグループ、およびレポート、選択したデバイスとイベント、インストールパッケージ、移動ルールなどの独自のセットが備えられています。仮想管理サーバーの機能範囲は、顧客の分離性を最大限にするためのサービスプロバイダー(xSP)、および高度なワークフローと多数の管理者を備えた大規模な組織の両方で使用できます。

仮想管理サーバーはスレーブ管理サーバーと非常に類似していますが、次の相違点があります:

ページのトップに戻る