クライアント組織のネットワークでの保護の設定

管理サーバーのインストールが完了すると管理コンソールが起動し、関連するウィザードを使用して初期セットアップを実行するよう求められます。クイックスタートウィザードの実行中に、ルート管理グループに次のポリシーとタスクが作成されます:

ポリシーとタスクは既定の設定値で作成されますが、組織が最適ではないまたは許容できない状態であることが示されます。この場合、作成したオブジェクトのプロパティを確認し、必要な場合は手動で変更します。

このセクションでは、ポリシー、タスク、および管理サーバーのその他の設定の手動設定、ディストリビューションポイント、管理グループ構造とタスクの階層の構築や、その他の設定について説明します。

このセクションの内容

Kaspersky Endpoint Security ポリシーの手動セットアップ

Kaspersky Endpoint Security のグループアップデートタスクの手動セットアップ

Kaspersky Endpoint Security がインストールされたデバイスのスキャン用グループタスクの手動セットアップ

[脆弱性とアプリケーションのアップデートの検索]タスクのスケジュール設定

アップデートのインストールと脆弱性の修正用グループタスクの手動セットアップ

管理グループの構造の構築とディストリビューションポイントの割り当て

ポリシーのプロファイルを使用した、ポリシーの階層

タスク

デバイス移動ルール

ソフトウェアのカテゴリ分け

マルチテナントアプリケーションの概要

関連項目:

主要なインストールシナリオ

ページのトップに戻る