システム要件

管理サーバー

ハードウェアの最小要件

クラウド環境での導入の場合、管理サーバーとデータベースサーバーの要件は、物理管理サーバーの要件と同じです(管理するデバイスの数によって異なります)。

ソフトウェア要件:

オペレーティングシステム:

データベースサーバー(異なるデバイスにインストール可能):

MariaDB 10.3.22 の使用を推奨します。それより前のバージョンを使用した場合は、Windows Update の実行タスクに 1 日を超える時間を必要とする場合があります。

次の仮想化プラットフォームがサポートされています:

次の SIEM システムがサポートされています:

Kaspersky Security Center 12 Web コンソール

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールサーバー

ハードウェアの最小要件

ソフトウェア要件:

クライアントデバイス

クライアントデバイス側で Kaspersky Security Center 12 Web コンソールを使用するために必要なのはブラウザーのみです。

デバイスのハードウェアおよびソフトウェア要件は、Kaspersky Security Center 12 Web コンソールの操作で使用するブラウザーと同じです。

ブラウザー:

iOS™ モバイルデバイス管理用(iOS MDM)サーバー

ハードウェア要件:

ソフトウェア要件:Microsoft Windows(サポートされるオペレーティングシステムのバージョンは、管理サーバーの要件によって決まります)。

Exchange モバイルデバイスサーバー

Exchange モバイルデバイスサーバーのすべてのソフトウェアとハードウェアの要件には、Exchange Server の要件が含まれます。

Microsoft Exchange Server 2007、Microsoft Exchange Server 2010、Microsoft Exchange Server 2013 との互換性がサポートされています。

管理コンソール

ハードウェア要件:

ソフトウェア要件:

ネットワークエージェント

ハードウェアの最小要件

ソフトウェア要件:

次の仮想化プラットフォームがサポートされています:

Windows 10 RS4 または Windows 10 RS5 を使用しているデバイスでは、大文字と小文字の区別が有効になっているフォルダーにおいて、一部の脆弱性を Kaspersky Security Center が検知できない可能性があります。

Microsoft Windows XP では、ネットワークエージェントの一部の機能が正常に動作しない可能性があります

Linux オペレーティングシステム用のネットワークエージェントと macOS オペレーティングシステム用のネットワークエージェントは、該当するオペレーティングシステム用のカスペルスキー製品と一緒に提供されます。

関連項目:

DBMS および管理サーバーのハードウェア要件

ディストリビューションポイントの要件

ページのトップに戻る