ライセンス情報について

ライセンス情報(以降、単に「ライセンス」とも表記)とは、使用許諾契約書の条項に従って製品をアクティベートし、使用できるようにする数値の並びです。ライセンス情報はカスペルスキーにより生成されます。

次のいずれかの方法で、製品にライセンス情報を追加できます:

製品にライセンス情報を追加すると、製品インターフェイスに一意の英数字の並びとしてライセンス情報が表示されます。

ライセンス情報を追加した後、それを別のライセンス情報と置き換えることができます。

カスペルスキーは、使用許諾契約書に違反したライセンス情報をブラックリストに掲載できます。ライセンス情報がブロックされている場合は、販売代理店に問い合わせるか、別のライセンス情報を追加できます。

Kaspersky Security は、次の種別のライセンス情報を使用します:

ライセンスには、現在のライセンスと予備のライセンスがあります。

現在のライセンスは、本製品の実行のために現在使われているライセンスです。試用版ライセンス、製品版ライセンス、定額制ライセンスを現在のライセンスとして追加できます。サーバー向けライセンス、デスクトップ向けライセンス、プロセッサコア数に制限のあるライセンス、プロセッサ数に制限のあるライセンスについて、それぞれの種別の現在のライセンスを、各 SVM に複数追加することはできません。仮想インフラストラクチャで 1 台の SVM を使用して、サーバー OS とデスクトップ OS を実行している仮想マシンを保護する場合、SVM にサーバー用とデスクトップ用の 2 つのライセンスを追加する必要があります。

予備のライセンスは、本製品を使用する権利を確約していますが、現在使用されていないライセンスです。予備のライセンスは、現在のライセンスの有効期間が終了すると、自動的に適用されます。

予備のライセンスは、同じ種別の現在のライセンスが使用可能な場合にのみ追加できます。現在のライセンスと予備のライセンスは、同じ種別のライセンスでなければなりません。

試用版ライセンスまたは定額制ライセンスは、現在のライセンスとしてしか追加できません。試用版ライセンスまたは定額制ライセンスを予備のライセンスとして追加することはできません。試用版ライセンスで現在の製品版ライセンスを置き換えることはできません。

ページのトップに戻る