設定用のコマンドの実行

設定用のコマンドは klconfig アカウントを使用して SSH 経由で実行されます。

コマンドを実行するには、次のコマンドをコマンドラインに入力します。

ssh klconfig@<SVM アドレス> <コマンド>

各パラメータの説明:

SVM にパスワードなしでアクセスできるように SSH 鍵による認証を設定(「setsshkey」コマンド)していない場合、コマンドを実行するたびに klconfig アカウントのパスワード(設定パスワード)の入力を求められます。

一部のコマンドでは、その他にも実行時にユーザー入力が求められる場合があります。たとえば、「passwd」コマンドを実行すると、新しいユーザーパスワードを入力するように求められます。

コマンドを実行すると、毎回、実行結果が次の形式で表示されます:

一部のコマンドでは、エラーが発生した場合により詳細な情報が次の形式で表示されます:

ERROR:<NNNN エラーの説明>

<NNNN エラーの説明> は、数字によるエラーコードと、エラーの説明です。一部のエラーでは、エラーの説明のみで数字によるエラーコードが含まれていない場合もあります。

コマンドの実行例:IP アドレスが 10.16.98.17 の SVM を対象に「connectorlang」コマンドを実行したが、パラメータを指定していなかったために、エラーメッセージとコマンドの使用方法を説明したメッセージが返された(「lang」部分のパラメータの指定が必要):

> ssh klconfig@10.16.98.17 connectorlang

> klconfig@10.16.98.17's password:

Usage: connectorlang lang

KLCONFIG FAILED

同じコマンドを、適切なパラメータを指定して実行した場合:

> ssh klconfig@10.16.98.17 connectorlang en

> klconfig@10.16.98.17's password:

KLCONFIG OK

コマンドのすべての実行結果のログはディレクトリ「/var/opt/kaspersky/klconfig/」のファイル results.log に書き込まれます。

ページのトップに戻る